池田市市議会議員 渡辺ちよし WEBページ

 

ちよし8の約束の実現を!

4期目の8つの約束を深化させ、5期目に実現していきます。

「自立した市民による、誰もが生き生きと暮らしていける共生の地域社会」の構築と共に、政治の原点である「格差の是正と貧困の根絶を」を胸に頑張ってまいります。

1、地域が行政に依存せず協働して住民自治の確立を!

 自立した市民社会を構築するためには、今まで行政がしていた仕事を地域が自己決定・自己責任のもと行なっていかなければなりません。そのことにより地域福祉力・教育力・防災力・防犯力・環境力・文化力が高められ、自立した住民自治が確立されます。

2、社会保障制度の持続可能で円滑な運用を!

 自立した市民社会を構築するためには、人口減少・少子超高齢・経済縮小時代にあった社会保障制度(医療・介護・障害福祉・生活保護など)の持続可能で公正公平な運用の確立が必要です。国や大阪府と連携を
取りながら、支援の必要な人に必要な支援が行なわれなければなりません。

3、共同利用施設や石橋住宅など公共施設の再編整備を!

 自立した市民社会を構築するためには、昭和40年代・50年代に造られた公共施設を耐震も含めた改修を行ない、20年先を見据えた都市整備が必要です。また公共施設の再編整備には、
ガイドラインを決め関係者と協議をしながら進めてまいります。

4、伏尾台のまちづくりの再生を池田市全体のまちづくりに!

 自立した市民社会を構築するためには、ニュータウン現象に悩む伏尾台のまちづくりの再生が、空き地・空き家が多くなり、住民の高齢が進む池田市全体のちづくりのモデルになるようにしなければなりません。


5、医療と福祉のネットワークによる域での支援を!

 自立した市民社会を構築するためには、介護の必要な高齢者や障がいのある人など社会的弱者の方を医療と福祉のネットワークのもと地域で支える仕組みをより充実しなければなりません。

6、職場環境を充実させ、公務労働の使命感の向上を!
 自立した市民社会を構築するためには、使命感を持った公務員の役割が欠かせません。より良い職場環境と研修体制を充実させ、使命感の向上を図らなければなりません。

7、次代を担う子どもたちへの子育て・教育の充実を!

 自立した市民社会を構築するためには、子どもたちが問題意識を持って行動できる自立した大人へ成長することです。小中一貫教育では、教職員が目指す子ども像を共有し、自ら考え行動出来るカリキュラムの作成と実践を求めていきます。

8、市民との意見交換に力を注ぎます!

 自立した市民社会を構築するためには、自立することによる責任と義務について市民と意見交換を行なうことが大切です。
 ちよしのニュースレターをはじめ、いろいろな場所で自立した市民社会の構築について訴えてまいります。



ページのトップへ戻る